« 端午の節句のお祝いに | トップページ

2017年3月 7日 (火)

久々に草木染めをしました

 昨年の秋以来、半年ぶりの草木染めです。

 久しぶりということもあって、今回はお子さんを含めて11名の参加者がありました。
 材料は、うこん・オリーブ・枇杷の葉・小豆・ブドウの皮とついつい欲張ってしまいましたが、参加者の意欲が伝わったのか、それぞれとてもきれいな色に染まりました。


           Img_3235
 
            左からうこん・オリーブ・枇杷の葉



 ブログでもお知らせしていたので、今回派手な帯揚げを持って来られた方もいらっしゃいました。
 その帯揚げを水に浸けていたら、色落ちしてしまい、こんな化学染料で染められたものに、やさしい草木染めは太刀打ちできるのかと心配もしましたが、とても落ち着いた色に染め上げることができました。
Img_3236 Img_3239 

 派手な色の帯揚げ                   染液に浸しているところ
 
                         真ん中(ブドウの鉄・ミョウバン媒染液で染め分け)
 
 
             Img_3258
 
      左の帯揚げはオリーブの媒染液を変えて染め分けをしたもの


 スカーフをオリーブの鉄・ミョウバン媒染で染め分けたり、絹の靴下を黄色(オリーブのミョウバン媒染)赤茶色(小豆の鉄媒染)・紫色(ブドウのミョウバン媒染)の3色に染めたり、シミのついた半襟を薄い緑(オリーブの鉄媒染)にしたり、団扇を作ったりとそれぞれが自己流の草木染めを楽しみました。
 
 Img_3238 
 
               黒豆をゴムで絞った所が紫色に


Img_3241 Img_3260

素材にとっても発色が違い、それもまた面白い。  3色の靴下とブドウで染めた半襟



 今回参加された方の中には初体験の方もおられ、草木染めの楽しさ・すばらしさを体感してもらうことができました。
 次回は夏に生藍を使っての草木染めを予定しています。藍は木綿も綺麗に染まるので、身近な材料で染めの体験ができます。
 日程等は後日お知らせしますので、是非ご参加ください。

« 端午の節句のお祝いに | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590189/64984920

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に草木染めをしました:

« 端午の節句のお祝いに | トップページ