« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月28日 (日)

秋の草木染めのご案内

 秋の草木染めを9月22日(木)に行います。

 今回の主役は彼岸花です。その他1~2種類の野草を予定しています。
 草木染めは身近な草木の出す自然の色合いを楽しむことが第1の目的ですが、できればもっと日常生活で使える形にしたいというのが、懸案事項でした。
 それでこれまでにも、染めたものを団扇にしたり、コースターにしたり、ブックカバーにしたりといろいろなことにチャレンジしてきました。
 今回は草木染めと型染めのコラボレーションを考えています。
 Tシャツ、あるいは暖簾、バックを草木で染めて、その上に型染めをしてみませんか?
 きっと楽しみ方がぐっと広がることと思います。
 以下の写真は、袋に型染めをしたものです。
Img_1730_2 Img_1731_2
        型作り                       サンカラーで色づけ
Img_1734 Img_1736
                         完成!
            Img_1741
         100均のバックもこんなに素敵なオリジナル製品に完成
 
  《秋の草木染め》
    9月 22日(木)  13:00~16:30   持参するもの   エプロン
   参加費  500円(設備費・お茶代)
 
     染める布は各自ご持参ください。適当なものがなければ、こちらでも販売しています。
    草木染めの場合、絹の生地で染めると非常に綺麗に染まりますが、材料代も高くなり
   ますので、家にある布を再利用するなど工夫しましょう。
 
   会場   朋遊荘(駐車場あり)
  
   申込み方法   朋遊荘   tel/fax 079-439-6882
                    mail: faradaylab@nifty.com

柿渋液作りに挑戦!

 柿渋液を自分で作ってみたらと、知り合いの方にまだ青い渋柿をいただきました。

 そこで早速作ってみました。
Img_1523 Img_1524
       青い渋柿                        渋柿を木槌で砕く  
          Img_1728
         砕いて出た液を一週間発酵させて、濾過した液
 この液の完成までには2~3年の歳月を要しますが、先人たちがこのようにして、作っていったのかと思うと、感慨深いものがあります。
 完成品をこのブログで紹介できる日が楽しみです。

本物のはちみつを味わいながら、ミツバチについて学びませんか?

朋遊荘に併設されているファラデーラボで9月17日(土)に「ミツバチのかがく」の講演があります。

 私たちにとって身近なはちみつがどのように作られるのか、ミツバチの習性なども交えて講演していただく予定です。そして、講演終了後には、パンに本物のはちみつをのせて味わってみましょう。

  講演会の詳細は下記の通りです。皆さんの参加をお持ちしています。

第70回かがくカフェ ミツバチのかがく

テーマ ミツバチのかがく


日時 2016年9月17日(土)14:00~16:00


場所 ファラデーラボ


講師 得平秀昌さん(たつの市の養蜂家)


内容 一年を通して見たミチバチの群れの生活を、時に脱線しながら
     楽しくお話しいただきます。
参考  カフェギャラリー結 
     http://yuihoney.exblog.jp/20416536/


終了後 ティータイム交流会
     どなたでも実験・観察、授業実践、話題提供などを、
   参加者のみなさんに紹介していただく時間です。
   物品配布・販売も歓迎です。


18:00 終了予定

参加費  500円(学生200円)

申し込み ファラデーラボ(かがく教育研究所)
      メール faradaylabあnifty.comまで 
      ”あ”は@に変えてください。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »