2017年2月 2日 (木)

春の草木染めのご案内

 

春の草木染めを3月4日(土曜日)に予定しています。

 今回はヨモギ・カラスノエンドウ・玉葱の皮を染める予定です。また、この時期の枇杷の葉の、「ひょっとしたらピンク色になるかも知れない」そうなので、手に入ったらチャレンジしてみようと思っています。
 染めるものは絹が一番綺麗に染まりますが、実用性を考えて綿を染めるのも楽しいと思います。
 また、昔使っていた派手な帯揚げや帯締めを染め直すのも面白いです。
 あなたもその時にしか出会えない、草木染め(自然)の神秘をぜひ体験してみてください。
 日程等は下記の通りです。秋の草木染めの時に型染めも同時に行いました。今回も型染めをすることもできます。型染めに関しては、2016年10月6日のブログをご覧下さい。


 《春の草木染め》
    3月 4日(土)  13:00~16:30   持参するもの   エプロン
   参加費  500円(設備費・お茶代)
 
     染める布は各自ご持参ください。適当なものがなければ、こちらでも販売しています。
    草木染めの場合、絹の生地で染めると非常に綺麗に染まりますが、材料代も高くなり
   ますので、家にある布を再利用するなど工夫しましょう。
 
   会場   朋遊荘(駐車場あり)
  
   申込み方法   朋遊荘   tel/fax 079-439-6882
                    mail: faradaylab@nifty.com

2017年1月26日 (木)

八千代で豆腐作り体験ができます

  多可郡八千代で豆腐作り体験」をしてきました。

 加古川から八千代町までは車で1時間足らず。のどかな田園風景を眺めながらのドライブ。
 豆腐作り体験は「エアレーベン八千代」という施設でできます。地元の大豆を使っての本格的な豆腐作りです。
              Img_2785
 
                     施設の様子
 
Img_2794 Img_2803
   豆乳ににがりを入れて攪拌            木綿の布を敷いて水分をとる
Img_2798  Img_2823
  絹ごし豆腐はにがりを入れて置いておく      固まったお豆腐を切って水にさらす
Img_2814Img_2818
 
    パックに入れる作業                       完成!
 
         Img_2809
        合間に豆乳を湯煎して引き上げ湯葉を作り、試食
        ここで販売している「味醤油」をつけて食べると抜群の味
 
  とても美味しいお豆腐で、それだけを買いに来られるお客さんも大勢おられます。そんな お豆腐が3丁と生湯葉のお持ち帰りがついて1500円です。
  売店では1丁300円前後で販売していますので、結構良心的な価格だと思います。
 また、二階の「とうふ亭」では豆腐づくしのバイキングランチ もあります。平日だと手頃な値段で楽しめます。
 この「エアレーベン八千代」からさらに車で10分北上すると、巻き寿司で有名な「マイスター工房」にたどり着きます。地元ならではの野菜やお総菜なども販売していて、ここもおすすめスポットです。
 実はマイスター工房の巻き寿司はなかなか手に入らない人気商品ですが、ここ「エアレーベン八千代」にも少しだけ売っています。早い時間帯だったら買うことができるようです。
 ここでの豆腐作り体験に、今回で四回目ですが、豆腐作りはなかなか自分ではできないのでこのような施設があることは、本当にありがたいです。
 作りたてのあたたかい、ふわふわのお豆腐を皆さんもぜひ味わってみてください。
 

2017年1月13日 (金)

春の着付け教室のご案内

 春の着付け教室を以下の日程で実施します。

 着物は着る回数を重ねることによって、体になじんできます。
 着こなすことができるまで時間がかかりますが、定期的に講習を受講することのよって、着付けが自然と身に付いてきます。
 ぜひこの機会に着付けをマスターし、桜の季節には着物で出かけてみませんか?
 【日程】
  2月5日(日)   9:00~11:00
  3月5日(日)   9:00~11:00
 【講習の内容】
  着物の着方と帯結び(名古屋帯・袋帯)
 
 【用意するもの】

   着物用の下着(ペチコート等での代用可)・長襦袢・腰紐5本・伊達締め2本・帯板

   衿芯・帯・帯締め・帯揚げ・足袋・薄めのタオル2枚

     *用意できないものがあれば早めにお知らせいただければ、こちらで準備します。

  【参加費】

   500円   

  【申込方法】

     Faxまたはメールで、2日前までにお知らせください。

     電話の場合は留守電対応のことがあります。必ず電話番号をお伝えください。
 
   【申込先】    朋遊荘   tel/fax 079-439-6882
                    mail: faradaylab@nifty.com

2017年1月 2日 (月)

新年あけましておめでとうございます。

 

天候にも恵まれた穏やかな年明けとなりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 1月4日(木)に予定をしていました「新春カルタ大会」は、こちらの準備不足により今年度は中止となりました。申しわけありません。
 来年は開催できるように頑張りたいと思います。
 2017年の朋遊荘企画としては、定期的に開催している着付け教室・草木染め・ベーコン作りなどの他に、特別企画として「本場イギリス流アフタヌーンテの楽しみ方」「こけ玉作り」等も計画中です。
 また、1月早々には「ピザ釜」を朋遊荘の庭に作る予定です。手作りのピザを食べながら、楽しいひとときが皆さんと過ごせたらと思います。お楽しみに。
 

2016年12月 7日 (水)

貴重な醤油作り体験をさせていただきました。

 12月2日午後より、高砂のキッコーマン工場にて醤油作り体験をしてきました。

 近くに住んでいながらキッコーマン高砂工場に行くのは初めてです。
 参加者25名とは現地の駐車場にて集合することになっていたのですが、どんな駐車場かもわからないので全員がうまく合流できるか心配でした。
 しかし、当日はたくさんのスタッフの方々が駐車場からの誘導や案内などをしてくださり、心温かいおもてなし(?)を受けながら、醤油作り体験・工場見学を楽しむことができました。
 まずはキッコーマン食品についての概況説明をうかがい、その後醤油作りの製造工程をビデオにて紹介していただきました。
             Img_2713
           学生に戻った気分でお話を伺う参加者の皆さん
 私たち日本人にとって欠かすことのできない醤油という調味料が、醤油麹菌の力を借り、半年間の発酵・熟成を経て、あの香りや味を生み出していることを知り、改めて自然の保つ力の神秘と、先人の知恵の偉大さを感じました。
 現在1400社ある醤油会社のうちで、全生産量の27%がキッコーマンの工場で製造されているそうです。
 そんな日本を代表する醤油工場が、すぐ近くにあり見学もさせていただけることはありがたいことだとつくづく思いました。
 さて、いよいよ醤油作り体験です。昔は田舎で自家製の醤油を作っていたという話を聞き、以前から自分たちで作ってみたいと思っていたので、ワクワクしながら説明を聞きました。
 材料も行程も至ってシンプルです。水に浸した後蒸した大豆と炒って砕いた小麦を混ぜ合わせ、その中に醤油麹菌を入れ、最後に食塩水を加え温度・湿度調整をしながら、発酵熟成させていくのです。
Img_2690 Img_2691
   大豆・小麦(白色)・醤油麹菌(緑色)を加え、ビニール袋の中で混ぜ合わせる
Img_2695 Img_2698
  1週間後のもろみ(材料を混ぜ合わせたもの)      6ヶ月目のもろみ
Img_2699 Img_2702
   出来上がったもろみを布でくるんで圧力をかけて濾過し、醤油を絞り出す
        Img_2705
         おせんべいに作りたての醤油を付けて試食
 
 本来なら半年かかる行程を、30分足らずで駆け抜けた体験でした。
 自分たちでビニール袋に入れて混ぜた材料はお持ち帰りかなと期待していたのでが、
「この菌はキッコーマン麹菌と呼ばれるオリジナルな物なので、門外不出なのです。」とのことで、残念ながらその場限りの体験となりました。その代わりにお土産にお醤油をいただきました。
 体験終了後は工場の内部の見学。機械化されている部分はあるものの、自然の力を最大限に生かした製造方法は今も昔も変わらないそうです。
 まさに醤油は「自然の恵みを原料にして、生命の力によって生み出された」最高の調味料なのです。
 キッコーマン高砂工場には売店があり、だれでも事前に連絡をしておけば、キッコーマン食品の製品を購入することができます。中には工場限定のものもあり、楽しいです。
 

2016年11月29日 (火)

オリジナルのコインケース作り

兵庫県の西部に位置するたつの市は皮革の製造販売で有名な町です。

11月12日の土曜日に、そのたつの市で皮革製造をしておられる竹本さんご夫妻ご指導の下で、皮革を使った動物とコインケースを作りました。
       Img_2601_3
 
                  竹本さんから作業の手順を伺う
 まずは動物の制作。

 堅い皮をさっと水にくぐらすと、全体がしんなりとしてきて変幻自在、少し指先に力を入れただけで面白いように変形します。
 簡単に変形するということは、その反面思うような形に曲がってくれないくせ者でもあって、さじ加減の難しいということです。
 皮の扱いに手こずりながら、最後にちょっと竹本さんのお手を借りて(笑い)こんな作品に仕上げることができました。
Img_1495Img_1496
 次はコインケースに挑戦です。
 
  コインケースの留め金を打ち付けるのも初体験で新鮮でしたが、ケースの表面に、各自がさまざまな模様を打ち付ける作業は楽しく、皆さん無心になって作業に没頭していました。
                     Img_2603_4
 
                           
                          模様を打ち付けているところ


Img_2609_2 Img_2606_2
 
     コインケースの完成品。オリジナルの模様がかわいい。
      皮の切れ端をいただき、こんな物も作ってみました。


 革製品は完成品を買うものだと思っていましたが、このように直接手に触れて、小物を作ることで、違った革製品製作にも興味を持ちました。
 たつの市では、毎年11月の第三週の土日に「皮革祭り」が開催され、30社あまりの皮革業社と兵庫県の地場産業のお店、多くの人々で賑わいます。
 このときには皮の端切れもたくさん販売されますし、ペンケースやバックなどの制作も体験できます。
  革製品に興味を持たれた方は、来年立ち寄られてはいかがでしょうか。
 

2016年10月26日 (水)

改良枕の使い方を教えていただきました

 10月23日(日)の着付け教室は参加人数が少なかったので、各自自分の納得のいくまで、じっくりと教えていただきました。

 腰紐や胸紐を結ぶときのこつや着物の着方、脇の始末や着付けを完了したあとの帯やお端折りの仕上げなどなど。
 できているつもりでも、要所要所のアドバイスを参考に着付け直してみると、見違えるほどすっきりしました。
         Img_1970_3
           名古屋帯で一重太鼓を結びました。
 これを常に忘れずに着こなせれば問題はないのですが、着物を着るのは現代社会では非日常な行為のため、なかなか身に付きません。
 改めて着物を着る機会を作り、出かけることが一番の上達方法だと思いました。
 さて、「改良枕」という物をご存じでしょうか?
 何十年か前までは帯結びの助っ人として重宝がられていたのですが、最近の着付けにはあまり使いません。
 今回はそれを使った帯結びを教えていただきました。
Img_1975_2Img_1976_2
 
                改良枕を使っての帯結び
 「改良枕」のよい点は短い帯でも綺麗に結べる、背中に沿わせやすい、簡単に帯結びができる点です。
 「改良枕」をお持ちの方は、次回12月4日(日)の着付け教室でも改良枕を使った帯結びを教えていただく予定ですので、是非ご参加ください。

2016年10月22日 (土)

ピザにはやはりベーコンですね

 

10月16日(日)9時から、ベーコン作りを行いました。

 ベーコンは美味しいけれど、年齢的にあの油が・・・と言われる方が多いので、、今回は脂身の少ない肩ロースも取り混ぜてスモークをしました。
 また、ロースハムを1㎏分作ったので、全部で10㎏のお肉のスモークしました。


 さらに、手羽先を吊し、下部にはチーズを置き、スモーカーの中は満杯状態でした。
 ベーコンを作る工程は、1週間前に調味料につけ込み、前日に塩抜きのため3時間水にさらします。その後冷蔵庫で半日乾燥。
 そのあとからが16日の作業となります。
 作業と言ってもひたすらスモーカーで5時間近く燻すだけなので、温度調整以外煩わされることはありません。
 それよりも、その長いスモークタイムをどう過ごすかが問題です。
 今回はピザと菓子パンを作りました。
 ベーコンの使い道の定番はやはりピザです。
 トマト味噌をベースにした和風ピザとジェノベーゼソースをベースにしたベーシックなピザの二種類を作りました。
 
                    Img_1960
 
                        丸型はトマト味噌、四角型はトマトソースピザ


 自家製のベーコンを使ってのピザは最高でした。これからはベーコン作りのランチはピザに決まり!です。(使用したベーコンが前回作った物です。)
Img_1962 Img_1963
  右はがバラ肉、左が肩ロース         ベーコンとチーズを真空パックした物


  食事を楽しんでいるうちに、スモークが完了しました。今回もいい照りが出ていてまずまずの出来です。
 完成品は保存のために真空パックして持ち帰りました。真空パックにして冷凍庫で保存すると、1年は十分に保ちます。
 年明けに再度ベーコン企画を予定していますので、興味のある方は是非が参加ください。

2016年10月13日 (木)

型染め(番外編)

 先日草木染めをしたとき、時間不足で型染めが中途半端なままで終わったため、今回は型染めだけをしました。
 今回は新たに空豆、モミジ、だるま、古代エジプトの文様の型を切り抜き、それらで染めてみました。
 
         Img_1916_2
          古代エジプト文様。なかなかの力作!
 
        Img_1919_5  
 
 
  自由な発想で型を切り抜き、思いの色に染める型染めで、オリジナルな物を生み出していく楽しさを、皆さんも一度体感してみてください。
 

12月2日キッコーマン醤油作り体験参加者の皆様へ

 12月2日の醤油作り体験参加者は、目標人数に達し、体験が可能となりました。

 ご協力ありがとうございました。
 さて、少し早いですが、当日の流れをお知らせします。
 集合時間   12月2日(金)  13:20
 集合場所   キッコーマン食品高砂工場 駐車場
 所要時間   約2時間
 
    駐車場にて集合点呼をした後、2班に分かれて見学・作業の予定です。
    各自が用意する物はありません。
    主催者側からの要望は、この企画は本来小学3年生を対象としたものなので、その
    年齢に戻った気持ちになって体験をしてくださいとのことでした。
   *参加枠に若干の余裕があります。
     参加希望の方がおられましたら、早めにご連絡下さい。
 

«雨の中での草木染め